日本語教師の日常

現役日本語教師として、留学生と一緒に奮闘中! 

音が面白くて笑い転げた!

 

こんばんは!

最近、寒くなり、すっかり冬らしくなりましたね。

学生も、咳をゴホゴホ、鼻水ズルズルで学校にやって来ます。

 

今日はある学生が、とある言葉で笑い転げていました。

それは、『おしっこ』!

 

読解の問題に出てきて、そこでハマってしまったようです。

日本人にとっては何気ない言葉ですが、彼女にとっては、聴きなれない音で面白かったようです。ツボに入ってしまった彼女は、『擬態語・擬音語』の紹介の時にも、『お腹がぺこぺこです』で、大爆笑!

 

国によって、面白い音は違うので、笑うタイミングも違います。

 

学生が面白い!と自分から思ったものは、忘れず、そして使いまわしてくれ、定着へと繋がります。

 

学生は教師の口癖をまねしたりします。

 

私のクラスで流行ったのは

『そっか』

『なにこれ!』

『お腹ぺこぺこだよ』

『やめて!』

『もお〜』

 

いろいろあります(笑)

日本語の発音が、母国語の違う言葉の発音に似ていたり。

 

人それぞれですが、学生の心を掴めると嬉しいものです。

 

午前の学生も午後の学生も帰宅する時には、

「先生、お腹ぺこぺこですから、早くかえりま〜す!さようなら〜」

と帰っていきます^^