日本語教師の日常

現役日本語教師として、留学生と一緒に奮闘中! 

わたしがしていること

梅雨、梅雨、梅雨!

てことで、先々週梅仕事をしたちーちゃんです。

 

最近新しい人たちに、素晴らしい出会いをしております。

そんなとき、よく言われるのが

 

「英語できるんですか?」

 

私は、そんなに英語はできません。最近は日常会話も危ういです・・・・(汗

 

私は、日本語で日本語を教えています。

 

「人それぞれ、レベルは違うから、できない人には英語?」

 

それもまた違うんです。

 

「学生のレベルにあわせて、日本語を話しています」

 

学生のレベルに合わせる日本語? それって何?

 

例えば、

「この漢字、書ける?」 という文があります。

これを簡単にすると・・・

「この漢字を書くことができますか?」

となります。

もっと簡単にするなら、

「この漢字を書きます。できますか?」

 

毎日こんな感じで、学生のレベルにあわせ、日々日本語を話しております。

 

私たちが、日々話す日本語は、相当難しいのです。

敬語もありますし・・・。若者言葉やカジュアルな言葉遣いなど・・・。

私たちが話す日常会話にたどり着くまでには、大変な道のりなのです。

 

敬語を教えるのも難しいですが、もっと難しいのは、複文!

連体修飾をされた文が非常に難しいです。

 

「これは、母がイタリアで買って、誕生日プレゼントにくれた帽子です。」

 

学生からしてみると、早く言わなくても「ゆっくり話してください」と言われます。

これを簡単にすると・・・・?

「これは、帽子です。母がイタリアで買いました。そして、私の誕生日にくれました。」

 

文を噛み砕き、複文を単文にすると、学習者は理解することができます。

 

5月13日に「やさしい日本語指導員ってなに?」という記事を書きました。

 複文を単文にすることで、ガイドも案内しやすくなると思います^^